fc2ブログ

前進

2012年03月31日 12:22

長女が卒業式を終え
学生時代続けてきたファーストフード店でのバイトも終わりを迎えた

最後の日に
「4年間のバイトご苦労さま
よくがんばったね
いつかどこかでこの経験が君の助けになると思うよ」
とメールを送った

「ありがとう
明日は就職先の研修だから8時にでます」
との返事


ひとつ終わり
ひとつ始まる
確実に前へ進んでいく


4月からは早番遅番の繰り返しというかなりハードなスケジュールが待っている
親ができるのはせめてもの健康管理



今までは一緒に歩いてきたけど
これからは後ろで支えてるよ
スポンサーサイト



難問

2012年03月29日 02:18

ある日曜の昼下がり
珍しく家族全員外出しているので ひとり優雅に昼ごはんの用意をして
おもむろにテレビをつける

映し出されたのは25枚4色のパネル
アタック25だ!
穏やかな児玉清さんの姿はもうそこにはなく
若いアナウンサー小僧が勢いよく問題を読み上げている

かもめいとは割とクイズ好き
その昔タイムショックやウルトラクイズにはまったもの
最近見ていなかったが アタック25は簡単な問題が多かったんじゃないかなと
試しにクイズに参加してみる

だがしかし
問題が難しい…
ほとんど歯が立たず…
矢のように素早くボタンを押して回答する出演者たちに完全に圧倒される

あーあ 脳味噌さびてるなあ

最近は新聞も見出しをざっと垣間見るぐらいだし 本もあまり読んでないし
これからはもっとくまなく新聞読んで
知らない言葉は調べよう

毎日仕事はしていても
同じことの繰り返しだから 脳の活性化にはつながらない
まだまださびつくわけにいかないのです 頭も体も心も

卒業式

2012年03月26日 03:20

やっと というか ついに というか
長女が大学の卒業式を迎えた

2012_03230003_convert_20120326021823.jpg

多学部抱えた大学だけあって 卒業式はあの九段下の光るたまねぎの館
式では各学部の代表者だけが証書を授与し
各人の授与は この後各学部のキャンパスにて行われる

女子は9割方が華やかな袴姿
男子はリクルートスーツ姿
本来ここから社会人として羽ばたくことを祝いたいところだが
皆が皆 就職が決まっているわけでもない昨今
祝辞の言葉も今ひとつ歯切れが悪い

祝辞 送辞 答辞 とつつがなく式は進行し
終わりを迎えたところで 司会者が一段と声を張り上げた

「それではここで スポーツ奨励賞の発表です」

数名の名前が読み上げられた途端
それまで緊張で静まっていた会場が沸き立ち
歓声があがり フラッシュの光があちらこちらで瞬いた

s-2012_03230007.jpg

ちょっとした有名人が長女の同期にいる
もれなく私もシャッターをぱしゃりぱしゃり
なんせ 生で見たの初めてなもんで


今日の式中で一番盛り上がった瞬間でした

入院

2012年03月20日 02:20

2時間近くかかった盲腸の手術
術後 担当医の先生からたった今切り取った盲腸を見せてもらう
フィルムケースぐらいの容器からでてきたそれは
5センチほどの赤黒くにょろりとした小さな臓器

「全体的に炎症を起こしてますね 破裂寸前でした」

不幸中の幸いとはこのことか

「但し皮下脂肪がかなり厚いので
ここに菌がはいると感染症になります
術後は無理な運動で傷口が開かないようにしてください」

普通の運動なら1ヶ月ほどで復帰できるが
アメフトとなると相当な運動量なので
復帰はかなり慎重になった方がいいとのこと


アメフトのラインとして
しっかりした体をつくるために食べて食べて食べさせられて
しっかりついた皮下脂肪のせいで
アメフトへの復帰が遅れてしまうとは
なんと皮肉なことか

手術の翌日は水も飲めず
食事ができるようになったのが3日後の朝
重湯とコーンスープとりんごジュース
コーンスープってこんなに美味しいものだったんだ って感動してました

面会時間は午後2時~8時
幸いなことに会社から自転車で通えるので
いったん会社を抜け出して2時に様子を伺いにくる
小一時間話をしたり身の回りに世話をして帰ろうとすると
ふっと寂しそうな表情を浮かべる

「夜にもう一回来ようか?」
と尋ねてみると
こくん  とうなずく長男

相当参ってるなあ(笑)
なんやかんやいっても まだまだ子どもですわ

手術

2012年03月18日 11:40

1週間更新しなかったわけですが
ちょっと一大事ありまして


事の発端は13日の火曜日
仕事から帰ると部屋で長男が布団を敷いて寝ている
その日部活OFF日だった長男
昼食を食べた後から腹痛が続いているという
これで熱がでればインフルエンザかな それともお腹の風邪かしらと
翌朝様子を見ると 熱が38度 しかも腹痛は治まらず

いつもの風邪の症状とは違う様子に
頭の片隅にいやな予感を抱きつつ 近くの医院に連れて行くと
幼い頃からの彼を診ている女医さんが彼の下腹を押しつつ

「あ これ やばいかも」

女医さん 母親である私の顔を見据えて

「虫垂炎の疑いがあります  紹介状書くから大きな病院に行きなさい」

……虫垂炎?
頭の中で変換機能が動く
……盲腸!

あまりの突然の宣言にぽかーんと立ち尽くす親子
が 事は急を要する
招待状を受け取ると 依然腹痛に顔を歪めている長男を車に乗せK病院へ

K病院に着き さあそれからは長時間にわたり検査検査検査の連続
もう歩くのもしんどくなった長男を
病院の車椅子に乗せ 大病院の中をあちの検査室こっちの検査室と連れまわす

最後のCT検査を終えたのが病院に入ってから3時間後
その後診察室に呼ばれ

「虫垂炎です 
手術するか 若しくは抗生物質で散らす方法がありますが
今後痛みが繰り返すかもしれないことを考えると
手術をする方をおすすめしますね

で どちらを選択しますか?」

いやそこまで断言されちゃ手術を選択せざるを得ないでしょう

「では オペ室が空くようなので4時半から手術します」


えー!
もうこれからかい!
心の準備が……

などとおたついている暇もなく
今度は次から次へと「同意書」へのサイン

その間にまな板の上のコイとなった長男は手術室へと運ばれていったのでした


この話の続きはまた明日

買占

2012年03月09日 09:53

家族が好んで毎日LG21という乳酸菌の入ったヨーグルトを食べている

これ
01_on.jpg

なんでも食べ続けていれば胃の中のピロリ菌が除去されるという

あなたのお腹の中にピロリ菌がいるなんて話聞いたことないんですが

まあ予防という意味もあるのでしょう
もう数年前からなんとなく買い続けていたのだが
最近これがいきなり店先から姿を消した

ちょっと安いドラッグストアはもちろん スーパーにもコンビニにもない
ある日突然爆発的に売れ出し 在庫切れで製造が追いついていない状況だという

どうやらその「ピロリ菌除去」という情報がTVのワイドショーで賑々しく流れたらしい
話題に飛びつく日本人 よくある話です
しかしこっちはそんなに話題になる前からのユーザー
勘弁してよ 毎日の習慣が途絶えちゃうと不満ぷんぷん

だが 飛びつくのも早いが飽きるのも早い日本人
売り切れ状況も少しずつ緩和し
最近は出勤前の早い時間に買い求めなくても済むようになってきた

まあ以前にもココアやら納豆やらがいきなり売り切れることもありましたね
あの時も一時の台風状況で 嵐が過ぎればなんとやら


ところが昨日朝の情報番組を見ていると
「ヨーグルトの効果特集」が

またかーーーーーー

無礼

2012年03月06日 02:27

自分も子育てを経験してきたので
小さい子が電車の中やスーパーの中などで大泣きしてごねていても
まあよくあることよね おかあさん大変よね
と さほど気にならない

しかし 昨日は違った

例のアニメフィルムコンテストでの出来事

市内の小さいホールでの開催だったので
比較的アットホームな雰囲気で行われたのだが
アニメーションのイベントということで親子連れも多く
上映中時々小さな子のおしゃべりや泣き声があちらこちらで聞こえた

ここまではわかる
いくらアニメーションでも1時間近くじっとさせられるのは
そりゃ子どもにとってはつらかろう

ただあまりに泣きがひどくなってきた時は
さすがに「ちょっと外であやしたら」と思ったが

さて上映も終わり審査結果の発表
審査員の挨拶やら市長の挨拶やらが続く
ここで一部の子どもたちががまんできなくなったらしく
声をあげながら会場内を走りまわり始めた
檀上に上がりはしなかったものの 審査員席にダイブしたり 階段をはいずりまわったり

親 どこだよ?!

見ると母親らしき女性が悠々と後ろの方の席に座っている
一度子どもが泣き声をあげた時だけ心配そうに腰を浮かせただけ
一度戻ってきた子どもをたしなめたが ぐずるとそれ以上なにもせず

アットホームな雰囲気とはいえ 公の場所
挨拶の言葉を述べている大人に対しても聞いている大人達に対しても失礼
いくら幼い子どもであっても失礼
親はたしなめて言うこと聞かないんだったら外に連れ出すべきでしょうが

私 間違ってますかね


しかし 私もその場でその子供を叱ることができなかった
私もヘタレだわ

才能

2012年03月04日 19:36

今日はちょっとしたしがらみで
地元で行われる行政主体のイベントに向かう

最近アニメーション産業に力を入れている自治体
都内ではあちらこちらの自治体でアニメーションに関係するイベントが行われている
今回もその一環

「インディーズアニメーションフェスティバル」 
アニメーションに係る様々な才能の発掘と人材の交流を目的とした
映像公募コンテスト
一次審査を通過した3分から10分程度の短編ばかり14編が上映され
特別審査員と会場の観客とで投票を行う

作品はCGもの、クレイアニメもの、砂絵もの、と多種多様なジャンルで
ぎこちなさが微笑ましい作品からこりゃどうみてもプロだろと思わせる作品まで
千差万別
ただどの作品も短い時間の中で伝えたいメッセージがきちんと詰まっていて
観ていて胸の中にすとんと落ちるものが感じられる

会場の観客も審査に一票投じるのだが
私が選んだ作品は見事グランプリを獲得
檀上に上がった監督さんが「YOU TUBEでも公開しています」と言っていたので
ここに貼っておきます

椙本晃佑さん自主制作アニメ

ファンキーです

蒸豚

2012年03月02日 00:43

最近は全国各地にその土地特産の豚肉の銘柄があって
沖縄にも「アグー豚」という銘柄がある
今まで何回か来ているにも関わらず
アグー豚を食したことはなかったので
今回はガイドブックとネットで探しまくって
アグー豚を美味しく食べさせてくれそうなところへ向かう

しゃぶしゃぶの店が多いのだが
ここは最近流行りの「蒸し料理」に挑戦

033.jpg

まずはとりあえずビールでしょ

それぞれのテーブルには卓上コンロの上にのっかった平たい鍋の中に水が張られ
その上にどーんとせいろが乗せられる

034.jpg

「アグー豚コース」はアグー豚のバラとロースが盛られ
竹筒にはいったこれまたアグー豚のつみれ
それにキャベツだのモヤシだのニンジンだの野菜がたっぷりのヘルシーメニュー

まずは野菜をせいろいっぱいに広げて
その上に豚肉を一枚一枚のせていく
蓋を閉めて 卓上の砂時計をひっくり返して3分蒸してできあがり
ポン酢たれかピリ辛の韓国たれか雪塩(沖縄のさらさらした粉砂糖のような塩)で食す

036.jpg

ほどよく脂が落ち あっさりとしてたくさん食べられる
特に雪塩で食べると肉本来の旨味が感じられてgood

ヘルシーだからと言い訳して ついつい食べ過ぎました


最近の記事