FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結果

2008年10月29日 08:06

過去大病を患ったことありませんか、薬でアレルギーはでませんか、
と 通り一遍の問診後、エコー検診。
この時間が結構長い。
あまりに長いんで不安感がMAXになる。

「あ、問題ないですね。」

なによー焦ったじゃないか。
ほっとした後、マンモグラフィーとエコー検診の差を聞いてみる。

「一長一短なんですよ。
ただ、閉経前の女性はまだ乳腺が張っていて脂肪が薄い。
マンモグラフィーでは乳腺が白く写ってしまうので、
ガン細胞が見つけにくいんです。
あなたのような若い方はエコー検査で十分ですね。」

若い方 若い方 若い方
その言葉だけで今日はご飯3杯いけます、先生。
基準はどうであれ。(笑)
スポンサーサイト

意志不通

2008年10月27日 09:53

気分一新に、と 美容院へ。
前回初めて担当してくれた美容師さんのカットが気に入っていたので
迷わず同じ方にお願いする。

今回はパーマもカラーも、と欲張る。
パーマの希望をあれやこれやと相談。
結構細かく伝えて了解してもらった
つもりだったのに…

出来上がった鏡の中の自分に唖然

そこに 鳥居みゆきが居た…

めんどうくさいのでそのまま帰ってきましたとさ。
もちろん語るまでもなく
家族の評価は散々でした。(泣)

再検査

2008年10月26日 01:51

検査の結果を聞きに行く

  細かいところがよく映らなかったから
  エコーをとりましょう
  あ、ここはその設備がないから
  別病院に紹介状を書きます


たらい廻しかい
マンモグラフィーの設備があって
エコーの設備がないなんて
ありえねー

帰宅して
紹介状のはいった封筒を
蛍光灯にかざす
「癌」の文字を探してる自分。

商店街

2008年10月23日 02:46

やはり不況は深刻なのでしょうか
最近、閉店に追い込まれる店舗が多いような気がする

毎日通る商店街
といっても駅前のような賑わう通りでもなく
住宅街の中にひっそりと200メートルほどの通りに
店がぽつんぽつんと間をおいて並ぶ
昨年から洋菓子屋が、居酒屋が、印鑑屋が店を閉め
今日ふと気づけばたった一軒の美容院が看板を下ろしていた
そのうち「商店街」という名前を消してしまうのでしょうか

まあ確かに
私も通るだけで 利用しないんですけどね

十数軒しかない店舗のうち
なぜか寿司屋が三軒もある
やっていけるのか寿司屋…

物欲

2008年10月20日 09:57

以前から話題を聞きつつ興味があったので
時間もとれたし天気もいいし
よっしゃ行くかと重い腰を上げて
行ってきました アウトレットパーク

安いとは聞いていましたが
えっ このブランドがこの価格
目をこらして数字を確認するほどのびっくりプライス
同行した家族は目の色が変わってました(笑)
安いからあれもこれもと手に入れていると
我を失いそうなので逆に慎重になる
でもその意志はナイキショップの前でもろくも崩れました
ウェアが、シューズが…うっそ~ん

しかし
何店舗も廻った後、気に入った服があった店がどこだったか
忘れてしまう自分に辟易。

検査

2008年10月14日 09:18

なんとなく心に引っかかることがあって
検査を受けに行ってきました。
初めてのマンモグラフィー

そりゃあ検査を受ける方は真剣なのですが
その姿たるやそれはそれはぶざまなもの。
無機質なアクリル板2枚にこれでもかこれでもかと
圧縮されるあれの姿は
まるで のし餅そのもの。
痛ぇ~と涙目になっていたら
技師の方のあっさりしたお声
「まだまだはさみますよー」
ひぇー

結果は10日後とのこと
備えあれば憂いなし。

追悼

2008年10月10日 09:24

昔見たNHKの「阿修羅のごとく」というドラマで
落ち着いた重鎮な演技の反面
ぎらついた欲望の片鱗を垣間見せていた
どんなドラマにおいても
独特の存在感を残し
安心感を与えてくれた
共演者の演技や脚本や演出がダメダメでも
この人が出演するシーンだけは
納得して観ることができた
大好きな俳優さんの一人。

「風のガーデン」での
暖かな笑顔を見る度に つい目が潤んだ
そしてふと気がついた

この人の笑顔は
自分の死んだ父親の笑顔に似ている。

緒方拳さん
ご冥福をお祈りします。

2008年10月07日 08:34

久しぶりに文庫本を読んだら
活字が読みづらい…
少し距離を離してみると焦点が合う。
これって  ○眼?

新聞の活字は難なく読めるのに
が ふと考えてみたら
新聞のフォントは昔に比べて大きくなってるじゃありませんか

かなりショック
去年のスカートがはけなくなるぐらいショック

南国

2008年10月04日 02:40

今までは決算が1年間の業務の山だった
決算までが忙しい
決算が終われば楽になる
そう信じてがんばってきたのに

今年度に限って 会計士大先生のちょっとした一言が引き金となり
怒涛の決算結果分析始まり
仕事 増える増える…
決算の打ち上げ飲み会も開けない…
これは生き地獄です
しかも秋の社内旅行幹事役が降りかかってきた

しかし
以外とこの社内旅行が楽しみで
幹事仕事の方に力がはいる

さあ
心はすでに石垣島さ!


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。